2016年01月07日

タットヴァボーダキャンプ(3/18〜3/21、3/25〜3/27)開催します

終了しました。ご参加ありがとうございました。

飯能ブログ用バナー3.JPG


山と川の美しい埼玉県飯能のお寺で先生や仲間と生活を共にして、
ヨーガの生き方とそのゴールを教える聖典タットヴァボーダの1冊を学びきってみましょう。


バガヴァッドギーターやウパニシャッドなどの聖典が教える宇宙観が、はじめての人にもわかりやすく小さな本にまとめられたものがタットヴァボーダです。その教えから見えて来る宇宙観を楽しんでみましょう。

タットヴァボーダは「真実の知識」という意味で、「私たちの日常では気が付かない知識」です。

地図もなく、深く真っ暗な夜の山を、小さなランプの光だけを頼りに旅するとしたらどうでしょう?山の無知から生まれる不安だけでなく、未知の暗闇の中に、空想の山賊や動物を見て恐れも生まれるでしょう。私たちの人生もそれに似ています。

ほんの小さな日常知識だけを頼りに人生を歩む私たちの心には不安や恐れがひそみます。何か事あるたびに、それは挫折感や、あせりや、怒りなどの感情として現れ、冷静な私は奪い去られます。私は、とほうもない無知の暗闇の中にいて、わずかに見える目の前の安心やつかのまの喜びだけを求めてもがいているようです。 どうやら、私には全体を明かすことのできる知識の光こそが必要です。

私たちの人生全体に光をともしてくれる知識をタットヴァボーダと呼びます。 

昔からこの知識を知った人はブッダ、つまり、「知ってしまった人」と呼ばれます。真実の知識はふたつとは無いですから、タットヴァボーダは、お釈迦様が教え、三蔵法師が求めて旅した知識であるはずです。私たちが気付いていない、つまり、日常の知識を超えた知識、それがタットヴァボーダの知識です。

その知識を得て、人は、無知から生まれている不安や恐れからの自由を得ます。ヨーガは、その自由をゴールとしています。その自由は、モークシャと呼ばれます。

さあ、伝統あるお寺で、7日間ゆっくりとくつろいで、タットヴァボーダに耳を傾けてみましょう。

タットヴァボーダのサンスクリット語の詩を日本語で解説いたします。

★講師:Swami Cetanananda チェータナーナンダ
cetananandaji_R.jpg

1999年、インドへ留学し、リシケシで、恩師、スワミ ダヤーナンダ サラスワティと出会う。コインバトール、Arsha Vidha Gurukulam (ヴェーダーンタの学校)にて開催された3年と3ヶ月の長期のコースで、ヴェーダーンタ(ウパニシャッド)、サンスクリット語、そのチャンティングを学び、2005年7月に卒業。
2007年1月、日本に帰国。インターネットのスカイプを使って、遠くからでも日々学べるクラスをはじめる。
2009年4月、東京ヴェーダーンタキャンプに、スワミ ダヤーナンダジを迎えて日本ではじめて伝統のヴェーダーンタを紹介。その翌年、広島&東京ヴェーダーンタキャンプを開催し、再びスワミ ダヤーナンダジを迎える。
2013年3月、スワミ ダヤーナンダジより、サンニャーサーを受ける。

※パラヴィッデャーケンドラムHP:http://www.para-vidya.com/

★日程
2016年3月18日(金)〜3月21日(月)、3月25日(金)〜3月27日(日)


★クラススケジュール 全26クラス
3/18(金)
9:30 〜10:00 受付
10:00〜10:15 オリエンテーション
10:30〜11:00 オープニングプージャ
11:00〜12:30 クラス@
12:30〜15:30 昼食・休憩
15:30〜17:00 クラスA
17:00〜17:30 休憩
17:30〜18:00 プージャ
18:30〜19:30 夕食
19:30〜21:00 クラスB
21:00〜22:00 入浴
22:00 消灯

3/19(土)〜3/21(月)、3/25(金)〜3/26(土)
4:30 〜5:30 起床・入浴
5:30 〜6:15 プージャ 瞑想
6:15 〜7:30 自由時間(アーサナ・山散歩・洗濯等)
7:30 〜9:00 朝食
9:00 〜10:30 クラス@
10:30〜11:00 休憩
11:00〜12:30 クラスA
12:30〜15:30 昼食・休憩
15:30〜17:00 クラスB
17:00〜17:30 休憩
17:30〜18:00 プージャ
18:30〜19:30 夕食
19:30〜21:00 クラスC
21:00〜22:00 入浴
22:00 消灯

3/27(日)
4:30 〜5:30 起床・入浴
5:30 〜6:15 プージャ 瞑想
6:15 〜7:30 自由時間(アーサナ・山散歩・洗濯等)
7:30 〜9:00 朝食
9:00 〜10:30 クラス@
10:30〜11:00 休憩
11:00〜12:30 クラスA
12:30〜14:30 昼食・休憩
14:30〜16:00 クラスB
16:00〜16:30 休憩
16:30〜17:00 パーダプージャ 
終了後、解散

★クラス参加費
ご参加の方は、この7日間の最後の日に、先生にダクシナをお願いします。
「ダクシナ」とは、バガヴァッドギーターなど、ヨーガとそのゴールを教える聖典を学ぶ生徒たちは、教わった感謝の気持ちを先生に「ダクシナ」で表すことが伝統です。いただいたダクシナは、日本でこの知識を教え継いでゆくパラヴィッデャー ケンドラムの活動費、運営費に使わせていただきます。よろしくお願いします。

★キャンプ運営費 : 1日 3,000円(食事つき)
ご宿泊の有無、お食事の有無に関わらずクラスのある日は1日3,000円頂戴いたします。
キャンプにご参加の方は、クラスのない日(3/17、3/22〜3/24)は無料でお泊りいただけます(食事つき)。

また卵、肉類、魚類のお持込はご遠慮ください。
(魚エキス、肉エキスを含む)

★クラスの教科書
初めてタットヴァボーダにご参加される方は、教科書をパラヴィッデャーケンドラムのホームページよりご購入ください。

http://www.para-vidya.com/006


★お申込締め切り : 2016年3月13日まで


★定員 : 20名

★施設案内
洗濯機 1台(洗剤有)
シャワールーム 4箇所
トイレ 2箇所
寝具完備

※お寺の向かい側のキャンプ場のシャワールームも併せてご利用いただきます。
※講義スペースと宿舎は歩いて2分ほどの距離にあります。
着脱しやすいサンダル等があると便利です。

★開催場所
宗教法人白雲山 鳥居観音庫裡2階 
〒357-0111 埼玉県飯能市上名栗3198
http://www.toriikannon.org/index.html


★アクセス http://www.toriikannon.org/info/access.html
1)西武池袋線 飯能駅より国際興業バス約45分 名栗車庫、湯の沢行き 
連慶橋下車徒歩5分
2)JR八高線 東飯能駅より国際興業バス40分 名栗車庫、湯の沢行き 
連慶橋下車徒歩5分
西武池袋線池袋駅〜飯能駅 特急レッドアロー時刻表
http://www.seibu-group.co.jp/railways/redarrow/timetable/1195494_1391.html

★周辺宿泊施設
・ケニーズ・ファミリー・ビレッジ オートキャンプ場
http://www.kfv.co.jp/index.html 寺より徒歩1分
・大松閣 
http://www.taishoukaku.com/ 寺より車で8分

★温泉施設
・さわらびの湯 
http://sawarabino-yu.jp/ 寺より徒歩15分


<お申込は以下のフォームよりお願いします>




★お問い合わせ:担当 川口 hannovedanta@gmail.com

〜〜キャンプの様子〜〜

20160327_163943_R.jpg

DSCN5217_R.jpg

DSCN5220_R.jpg

DSCN5223_R.jpg

DSCN5222_R.jpg


posted by 鳥居観音 at 12:16| ヴェーダーンタワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

三木宗策先生の展示会が行なわれました

2015年10月31日〜12月23日 鳥居観音開祖平沼彌太郎の師である三木宗策先生の没後70年にあたり、故郷郡山の郡山市立美術館で展示会が行なわれました。
鳥居観音に展示されていた「梅の精」「大黒天」なども出展され、先生の作風の経緯を証するものとなりました。
平沼彌太郎(桐江)の作品は鳥居文庫に数多く展示されております。
http://www.toriikannon.org/meisyo/toriibunko.html

posted by 鳥居観音 at 14:49| 仏像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2016年 ご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

大晦日は山の中腹にある大鐘楼で、除夜の鐘撞きを行ないました。
徒歩で大鐘楼までいらっしゃったお客様は、いつもとは違う静かな山道と星空を楽しみながら到着されたようです。

画像 003_R.jpg

画像 009_R.jpg

画像 021_R.jpg

そして、日付が変わり、皆様、思い思いに願いを込めて鐘を撞きました。

画像 022_R.jpg

大鐘楼からは、観音様が美しく夜空に浮かび上がるお姿が見えました。

画像 001_R.jpg

翌朝は、本堂で新年の祈祷会が執り行われました。

画像 028_R.jpg

画像 030_R.jpg

画像 038_R.jpg

画像 036_R.jpg


平成28年が皆様にとって幸多き一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

合掌

posted by 鳥居観音 at 09:06| 四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする